【初心者必見】LCCでよくあるトラブルのケースと対処方法を教えます!(予約時トラブル編)

スポンサーリンク

安い運賃を欲張って席がなくなってしまった場合

あるLCCが安い運賃を出していたが、まだ出発まで日があったため競合他社がもっと安い運賃を出すかもしれないと思って待っていたら売り切れてしまい高い運賃しか残っていなかった。

安いと思ったら即購入を原則にしましょう!

LCCの激安運賃には購入期限や座席数の制限があります。 キャンペーンやプロモーションと銘打った運賃を見つけ、それが安く感じた、得だと思ったらその場で即購入すべきです。
なぜなら、LCCの運賃は自社サイトでの購入が基本だから夜中でも関係なく予約ができます。
今日はまだ残っているからと油断していると夜のうちになくなってしまうことも日常茶飯事だったりします。

ただし、ジェットスターは『最低価格保証』を行っており、日本国内線と日本初の国際線では他社の運賃が同社より安ければ他社の運賃より10%安い運賃を提供し、さらにその差額分のバウチャーをプレゼント。
同一出発日、同一路線、同一時間帯などの条件はありますが、より安い運賃で購入したいなら調べておくと得する事があるかもしれません。

PR




受託手荷物が2キロオーバーで3,000円を徴収されてしまった場合

預け荷物を15キロで予約したが、現地でお土産を買い過ぎてしまい、当日空港で重量2キロのオーバーをしてしまった。
超過手荷物料金が1キロあたり1,500円だったから計3,000円の徴収をされてしまった。

事前予約をする時は自分の予想よりやや多めの重量で予約してちょうど良い場合が多いです。 旅先では、想定外の荷物が増えやすいので同行者がいれば分けて預けるか、オーバーした分を持ち込み手荷物にするか臨機応変な対応が必要です。

LCCの受託手荷物の申し込みは事前予約が圧倒的に安いです。
ジェットスター、ピーチアビエーションの国内LCC3社の場合、空港での申し込みは2,000円程度ですが、事前にネットで予約すれば1,000円前後で済みます。
国内の旅先の空港での受託手荷物が重量オーバーになるケースはかなり多く、重量オーバーしたときに空港で徴収される額が航空会社によって違うのもLCCの特徴です。

スポンサーリンク