大阪中心部で安く宿泊する為におさえておきたい3つのポイント

スポンサーリンク

大阪の中心部で安く宿泊する為のコツを紹介。
@格安旅行ナビです。
このコツをおさえれば1泊1万円が当たり前のミナミ周辺で1泊6,000円程度で宿泊できるので、格安で宿泊先を探している人は是非参考にして下さい。

大阪中心部はホテルが少なく1泊1万円以上が相場

大阪中心部で安く宿泊する為におさえておきたい3つのポイント

大阪の中心部では訪日客が急増しているにも関わらずホテルの新規開業が少なく、東京以上に料金が高騰しています。
特に訪日客からのニーズが極めて高い難波エリアが最も料金が高く、梅田エリアも京都や広島へ足を延ばす欧米系の訪日客に人気で難波エリアほど料金は高くありませんが1泊1万円超えがほとんどです。
JR大阪環状線沿線は比較的安く宿泊料金が設定されているので、狙い目となっています。

大阪駅から10分の尼崎、堺が狙い目

大阪中心部で安く宿泊する為におさえておきたい3つのポイント

訪日客が多い難波や心斎橋、天王寺などの『ミナミ』のエリアは関空とのアクセスも良いし、市内観光の拠点として人気があるため宿泊料金も非常に高く最安値水準がなんと1万3,000円を推移しています。
難波・梅田から地下鉄で移動できる都心部は空室があるホテルが少なく、当然のように料金は高いが都心を取り囲むように走るJR大阪環状線沿線にはいくつかの穴場ホテルがあります。
堺駅は難波駅から10分で行ける立地なのに、5,000円台で宿泊できるのでオススメです。

電車で10分圏内の範囲に6,000円台で泊まれるエリアが多数

大阪中心部で安く宿泊する為におさえておきたい3つのポイント

大阪駅から2駅、僅か4分の野田駅と天王寺駅から3駅6分の鶴橋駅は難波駅にも乗り換えなしで5分で行ける好立地の駅です。
どちらの駅も『東横イン』ですが、6,000円台と割安な価格設定をしているし、空き室もそれなりにあるので予約もしやすいのでオススメです。

スポンサーリンク