ピーチ航空(LCC)は何でこんなに安いの?

スポンサーリンク

LCCのピーチ航空が何でこんなに安く航空券を販売できるか?を徹底検証してみました!

ピーチ航空が安い航空券を提供できる3つの理由

徹底したコスト管理

ピーチ航空は、徹底して手間を省いている為に料金が安くなっています。 基本的に航空券の購入方法はインターネットでのHPのみで、支払いも、クレジットカードのみです。 インターネット以外での購入の場合、手数料が発生します。

電話の場合は1,620円、空港カウンターで予約をすると2,700円の手数料が航空券の代金以外にかかります。
これだけの手数料を取られるなら航空券を取り扱っている旅行代理店で予約した方が電話での予約も無料で対応している場合が多いのでおすすめです。(編集長調べでここのサイトは電話予約も無料でしたのおすすめ ⇒ サンクスツアー)

格安の航空券(ハッピーピーチ)を購入する場合は、チケットの払い戻しが不可になっているのも徹底したコスト管理の特徴です。 ⇒詳しくはピーチ航空の料金形態と手数料についてを参考にして下さい。
多くの顧客を載せられる様にするために、座席の幅も多少詰めて座る様に作られているため前の座席との距離が短くなっています。
身体が大きい方はストレスに感じるかもしれません。
使う機体も小型機を使う事で機体の管理費などを最小限に抑えるように運行をしています。

PR




オプションサービスの有料化

ピーチ航空では、一般的に無料で提供されるサービスもほぼ有料になっています。
一番わかりやすいところで言うと機内サービスが有料なところ何かは他のJALやANAなどの航空会社とは全く違う所です。
飲み物も全て有料になっています。

-ピーチ航空の機内食メニュー-
http://www.flypeach.com/Portals/1/pdf/inflightmeal_jp_20140825.pdf ピーチ航空というだけあってピーチアイスミルクやピーチデニッシュなどの桃を使った商品を多く提供しているのが特徴です。

次に大きな部分として、受託手荷物を載せる時にかかる有料料金でしょうか。
機内持ち込み手荷物に関して、Peachは身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)と、上記サイズ内の手荷物1個が無料で機内へ持ち込めます。
持ち込み可能な手荷物は3辺の合計が115cm以内で、縦、横、奥行きの一番長い部分から55cm、40cm、25cm以内、重さは10kgまでです。
これを超えてしまうサイズの手荷物は機内へ持ち込めませんので、有料で預けることになります。

次に様々な手数料があげられます。
一つは航空券の代金を支払う時に発生する支払手数料です。
クレジットカードで支払う場合、PCだと330円モバイルだと440円の支払手数料が発生します。
コンビニ決済の場合、PCだと440円、モバイルだと550円の支払手数料が発生します。
この支払手数料は必ず発生するものなので、地味に痛いです。
他にも座席指定をする場合もハッピーピーチだと手数料が発生したりします。(ハッピーピーチプラスは無料のものと有料のものがあります。)
また、国内線ではあまり聞き慣れた事のない空港使用料というのも請求されるので注意が必要です。

緻密に計算された機材の運用と人件費のコスト削減

機内サービスなどのサービスをしない事で搭乗する客室乗務員(CA)の数を抑える事ができます。
それにより人件費を抑える事ができます。

また、ピーチの客室乗務員(CA)は到着後機内の清掃をすることで一人二役の業務を行う事で清掃員のコスト削減もしているようです。
機体自体も通常、到着した空港にメンテナンスの為少し時間をおいて他の機体でフライトするのですが、ピーチの場合は到着したら機内清掃をし、もと来た空港にすぐに使われるようです。
それにより、機体の数を削減し管理コストを抑え、少ない資源でサービスを提供する事が実現できています。
ですが、時間遅れや整備不良などがあるとギリギリの資材と機体で運用しているのでフライト自体ができなくなるというトラブルも度々発生しているようです。
出張などで利用する場合は、そういう点も考えて利用する事をおすすめします。



スポンサーリンク