『キャッシュパスポート』の申込方法や使い方・評判・口コミ・メリット・デメリット・初心者向け利用ガイド

『キャッシュパスポート』の申込方法や使い方・評判・口コミ・メリット・デメリット・初心者向け利用ガイド

スポンサーリンク

『キャッシュパスポート』は、MasterCard®グループの「マスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパン株式会社」が提供する、プリペイドタイプのトラベルカードです。
「マスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパン株式会社」は東京都渋谷区にあります。
『キャッシュパスポート』はATM・インターネットバンキング等でチャージが可能なプリペイドカードであり、為替レートを固定できる点やスペアカードがある点が大きな特長です。
また、世界各国のMasterCardのATMで現地通貨を引き出すことができ、渡航先のMasterCard加盟店での買い物にも利用できる便利さが人気となっています。

キャッシュパスポートの特徴

・ATMやインターネットバンキング等でチャージが可能なプリペイドタイプのトラベルカードです。

・年会費、発行手数料は無料です。

・無審査、年齢制限なし、銀行口座も不要で最短1週間程度のスピード発行が可能です!

・「Tポイント付きキャッシュパスポート」を海外で使うと、200円毎にTポイント1ポイントが貯まります。
貯めたポイントは1ポイント=1円として日本国内のTSUTAYAやファミリーマートなどTポイント提携先で利用することができます。
※「Tポイント付きキャッシュパスポート」は、全国のTSUTAYA店舗、Tポイント提携先で発行されているTカードを持っていることが条件となります。
お持ちでない方は先に、全国のTSUTAYA店舗、Tポイント提携先のカード発行店舗でカードを事前にお申込み下さい。

・専用ウェブサイト「マイアカウント」より、ご利用明細照会、残高確認、カード内の通貨から通貨への移動ができます。

キャッシュパスポートの利用方法は?

キャッシュパスポートの申し込み~利用方法は以下の通りです。

①申し込みをする

キャッシュパスポートの公式ホームページ内「申し込みフォーム」からカードの申し込みをします。
お好きなカードを選択し、渡航先情報および、お客様情報を入力し、申し込みを完了させて下さい。
※申し込みはお一人様1組(オリジナルとスペアの一組)限りです。複数組は発行できません。

②カードを受け取る

申し込みから1週間程度でカードが発行されます。
本人確認書類をご用意の上、カードを受け取って下さい。

③入金をする

専用口座に1万円~100万円までの必要な金額を入金して下さい。
残高が足りなくなったら再度入金し、チャージして下さい。
※カード残高の上限は200万円または外貨相当額です。
※残高は有効期限内なら次回の渡航時に持ち越すか払い戻しができます。

④マイアカウントの開設・確認をする

専用ウェブサイトサイト「マイアカウント」よりご利用明細照会、残高確認、カード内の通貨から通貨への移動ができます。

キャッシュパスポートのポイント(ウリ)は?

・プリペイドタイプのトラベルカードなので、ATMやインターネットバンキング等でチャージができ、日本からも簡単に海外送金が可能です。

・ICチップと暗証番号(PIN)で安全が守られているのはもちろん、スペアカード付きで盗難、紛失時にもすぐに使えて安心です◎

・世界210以上の国や地域のMasterCard®加盟店やMasterCard®対応ATMで利用することができます。

・複数通貨が1枚のカードで済ませられるため、複数の国を移動する旅行時にも便利です。
※日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドルの7通貨、それ以外の通貨もカード内で両替が行われることで利用可能です。

・レートが良いときに前もって訪問する国の通貨を購入しておくと為替レートを固定できるので、レートが変動しても安心です。

・緊急時のアシスタンスサービスを24時間365日いつでも利用できるので安心です。

・緊急時には、カード残高の一部を現金として海外の提携店舗で受け取ることも可能です。
※ 受け渡し金額には上限があります。

キャッシュパスポートのメリット・デメリットまとめ

『キャッシュパスポート』には、年会費・発行手数料無料、無審査・年齢制限なし、銀行口座不要、世界210以上の国や地域のMasterCard®加盟店やMasterCard®対応ATMで利用できるなどメリットがたくさんありますが、中でも「スペアカード」がある点が大きなメリットとなっています。
「スペアカード」があるため万が一のときも、失くしたカードの不正利用を停止した後に、スペアカードを使って旅を続けることができるのは、クレジットカードや他のプリペイドカードには無いメリットです!
また、レートが良いときに前もって訪問する国の通貨を購入しておくと、為替レートを固定することができる点も魅力ですね。

デメリットとしては、12ヶ月間一度も利用が無い場合には管理手数料(約150円/月)がかかってしまう点です。
ですが、こちらの管理手数料は、残高が150円に満たない場合には発生しません。
そのため、なるべく残高を残さないように使い切ってから帰国するのがおすすめです。

キャッシュパスポート利用者の口コミ

●アメリカに遊びに行きましたが、使えなかったところはほとんどありません。マックでもスタバでもレストランでもタクシーでもどこでも使えました。
今度アメリカに行く時はチップ用のみ現金だけを持って、あとは全部キャッシュパスポート&クレジットカードにするつもりです。

●入金時の為替で固定されるので、為替変動にも強い。現地や空港での両替手数料よりもお得に利用できるので、外貨両替と比較すると渡航先通貨によっては最大30~40%近くもお得になります。

キャッシュパスポートはこんな方におすすめ!

『キャッシュパスポート』はプリペイドカードであるため使いすぎが防止でき、銀行口座と連動していないことからトラブルの軽減につながる点、日本からもキャッシュパスポートの口座に振り込むだけでカードにチャージができ簡単に送金できることから、お子様の留学先での滞在費としておすすめです!
また、世界210以上の国や地域のMasterCard®加盟店やMasterCard®対応ATMで利用できる利便性や、スペアカードがあり万が一のときにも旅を継続させることができる点から海外旅行時にもおすすめです。
プリペイドタイプで金額が分かりやすいため、出張先での買い付けや経費管理にも良いですね。

留学や海外旅行時にはぜひ、便利で安心な『キャッシュパスポート』を利用してみてはいかがでしょうか♪

スポンサーリンク