JALが国際線の機内食にくまモンを使った機内食『AIRくまモン』を12月から提供開始

スポンサーリンク

日本航空では、従来の機内食では提供されることのなかったメニューを提供するサービス「エアシリーズ」が行われています。
そんなエアシリーズの22弾として、2016年12月より「エアくまモン」が登場します。
メニューは、熊本ならではの料理が盛りだくさんです。

くまモンが3年ぶりに登場!

エアシリーズにくまモンが登場するのは3度目。
2014年から約3年ぶりの登場となります。
エアくまモンのメニューは熊本ならではの内容となっています。
熊本ではご当地料理として知られる太平燕は、熊本の中華料理店が監修。
熊本県のお米を使った焼きおにぎりや、熊本のお菓子メーカーが作ったカスタードケーキなど、熊本の味を楽しめる内容となっています。
このエアくまモンが楽しめるのは次の路線です。

成田発:シカゴ、ダラス・フォートワース、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンディエゴ、バンクーバー、フランクフルト、ヘルシンキ、パリ、シドニー
羽田発:サンフランシスコ、ロンドン、パリ
関西発:ロサンゼルス

対象のクラスは、プレミアムエコノミーとエコノミーとなっています。

味も見た目も楽しめる機内食

エアくまモンは、全てが熊本のもので作られた一品です。
味はもちろん満足いくものですが、このエアくまモンは見た目にも楽しめます。
パッケージのいたるところにくまモンのイラストが使用されており、カスタードケーキのパッケージは、くまモンがカスタードケーキをくわえているように見える、かわいらしいものになっています。
トレイマットも全6種類と、つい集めたくなるかわいさです。
味も見た目も楽しめる機内食「エアくまモン」をぜひお楽しみください。

スポンサーリンク