スカイマーク航空(国内線)を使った事のある人の口コミ、体験談、レビュー その①

スポンサーリンク

【神戸-長崎 3,500円~など】スカイマークで国内線が安くなる「SKYセール」開催!(1月26日〜1月28日)

スカイマーク航空の予約はこちら



実際に搭乗した人:20代 男性
搭乗区間:北海道
搭乗理由:観光
幼馴染の友人3人で利用しました。
会社勤めを始めたことを機に、皆、バラバラの県に住むようになったので、会う機会が中々取れなかったことから、どうせなら旅行して、かに三昧の贅沢をしようという話で盛り上がったものの、食事以外は安く上がるならそれに越したことはない、という話になり(笑) 

スカイマークの利用はその時が初めてでした。
サービスや航空機が国内大手よりもチープだという前評判を聞いていましたが、2時間以内の空旅であれば、座席の狭さもそれほど気にはなりませんし、サービスだって海外旅行ならいざしらず、一眠りすれば着くくらいの距離であれば、特に多くを求めようなどとは思いません。
ただ、ドリンクが有料というのは何となく気になりました。 

 ”

実際に搭乗した人:30代 男性
搭乗区間:福岡
搭乗理由:仕事での出張
とにかくJALやANAにくらべ、融通は利かないですが価格が安いのはとてもいいことです。
ただ、到着時間がごくあたりまえに15〜30分程度遅れることと、本数が少ないので時間の融通が利きにくい点だけは留意しなければなりません。
それ以外は気になる点はありません。

搭乗に関しても赤ちゃんやお子様連れ、搭乗にあたって補助のひつような高齢者様などを優先しており、非常にスムーズです。ですが降機の際の慌しさは、通勤時間帯の電車を想起させます。

座席は左右3席ずつの6席で狭く、膝も窮屈ですが190cmを越えるような長身の方でなければ、なんとかなりますが、隣席の方との距離が近いので互いに気は使います。
逆に言うと新聞の端が他人の顔にあたっても気にしないような無神経な人の横になると最悪です。

実際に搭乗した人:50代 男性
搭乗区間:福岡
搭乗理由:結婚式に参加するため
姪っ子の結婚式の出席のために利用しましたが福岡の同級生の友達に航空運賃の安いチケットを条件に探してもらったら、スカイマーク航空になりました。

結婚式終了後同級生の友達の案内で福岡の屋台街を飲み歩きました。
航空券の手配をしてもらったお礼として飲み代は、私が総て支払いましたが東京ではしご酒する金額の半分以下の安い値段に驚きました。
翌日同級生との再会を誓って、スカイマーク航空に乗って無事帰宅することが出来ました。
有意義な九州福岡県の結婚式でした。

実際に搭乗した人:20代 女性
搭乗区間:福岡
搭乗理由:婚約者のご両親への挨拶
今回プロポーズを受けてお相手のご両親に挨拶に伺う為に利用しました。
往復でスカイマークを利用しましたが、LCCでも接客対応もしっかりしているし、機内に忘れ物してしまいましたが、すぐに機内に戻って確認し持ってきてくれました。

LCCは最初安全性などで心配でしたが、婚約者もいつも里帰りの際利用していて安いし綺麗とのことで、満足しているようです。

私自身も利用して機内も揺れも気にならなかったので、飛行機を使うときはまたLCCを利用したいです。

実際に搭乗した人:20代 女性
搭乗区間:羽田⇔那覇
搭乗理由:1人旅
沖縄へ1人旅へ行きました。
行きの、羽田空港から那覇空港までと、帰りの、那覇空港から羽田空港まで搭乗しました。
飛行機に搭乗したのは、12年ぶりのことでした。
沖縄へ旅行へ行くことを決めてから、1人旅だし安くチケットを取りたいなと思い、どの航空会社が良いかインターネットで検索していて、スカイマーク航空のことを知りました。

ホームページが分かりやすかったです。
ホームページからチケットの予約をしたのですが、分かりやすくて、スムーズにチケットを予約することができました。
帰りの座席のシートが、思っていたよりも広くてありがたかったです。
帰りはエチケット袋がついていて、私は行きの時に気持ち悪くなってしまい少し不安を感じていたのでありがたかったです。
私は飲み物のサービスは要らないなと思っていたので、そのようなサービスがなかったことも私にとっては良かったです。

実際に搭乗した人:10代 男性
飲み物は有料ですがゲート近くの売店で買って乗れば済むことだし、分厚い機内誌やオーディオやスクリーンなど機内エンターテイメントが必要かと言われればなくても全然平気。
安さでどこまで我慢できるかどうかがポイント。

シートは合成皮革のシートの機体に良く乗りますが、身長180センチ以上でガタイのいい男の私が乗っても別に特段の窮屈さは感じません。
今まで結構な回数乗りましたが、機体トラブル等で欠航・遅れに遭ったことはありません。
それならばJALやANAも同程度欠航や遅れはあるような気がしますし、羽田空港でゲートから飛行機までバスでアプローチするのは、スカイマークだけでなくJALやANAでもあります。

個人的には、スカイマークのデメリットをあまり見出せませんので、よく乗っています。
強いて言えば、飲み物がでないなどの、ちょっとした普通機との差だけであり、これだけで安いのであれば全然良いと思う。
でも、年末年始とかお盆とかGWのようなハイシーズンはスカイマークも高いので、その時は高くて飲み物でるでないだったらたいて人は普通機にのりたいと思う。

実際に搭乗した人:20代 女性
搭乗理由:実家に帰省
九州の実家へ帰省の際、よく利用します。
現在、格安航空は多くありますが中でもトップクラスの格安航空だと思います。

他社の格安航空は身体障害者の単独搭乗を拒否します。
実際に私自身も拒否されました。
とても屈辱を受けましたが、スカイマークさんは快く引き受けてくれ空港内も手を貸して下さいました。
悪い点とあげるならば、コールセンターがいつも混み合っておりオペレーターサンにつなげるまで根気が必要なところと女性では全く問題ないでしょうが男性には座席が狭いように思います。
座席数に関しては、安くより多くが根底にあるためなんとも言えませんがコールセンターに関しては改善の余地ありです。

スカイマークは、コンビニ端末からも予約、支払いができるなど時間に余裕がないときでも安心して利用できます。
今後、格安航空会社も質を求められる時代が来るとは思いますが、スカイマークさんに関しては客室内でも特に大きく求められることはないと思います。
障害や傷病の乗客へもしっかり対応していただける格安航空はスカイマークだけです。

PR




実際に搭乗した人:30代 男性
搭乗理由:旅行
私は沖縄が大好きで、毎年2回は行っているのですが、毎回、大手航空会社で行くとコストが大変なので、ほぼ毎回スカイマークで行っております。
これらでわかるように、スカイマークが好きなのは、航空運賃が安いところです。
気軽に行けるようになったのは、スカイマークのお陰です!

ただ安いだけなら他社LCCでもいいんでしょうが、スカイマークはCAや係員などの接客レベルが通常航空会社と変わらないくらい優秀であるし、子供がいたので前の席へ移動をさせてくれたり、融通をしてくれたり、機内の飲み物がタダであったり、他社LCCより少し高い程度ですばらしいサービスが受けられるので重宝しております。
CAのシャツのような衣装も好感が持てます。

また、持ち込み荷物の重量課金などもないところも、安心して乗れるところかと思います。
気になるところは機内の古さはありますが、安全面でも問題無さそうですし、全く気にしておりません。
掃除も行き届いてますし。

実際に搭乗した人:30代 男性
搭乗区間:羽田⇔福岡
搭乗理由:実家に帰省
私は実家が東京で転勤で福岡にいます。
そのため、東京、福岡間は結構な頻度で利用しています。
その際にANAやJALを利用していましたが、往復で6万円以上掛かりました。
最近、後輩からスカイマークの話を聞いたところ、往復で3万円くらいとANAやJALの半額です。
これは利用しない手はありません。

早速、インターネットで予約すると本当に往復で3万円ほどで済みます。
実際に利用してみると確かにANAやJALとは少し勝手が違います。
搭乗手続きをする場所や登場口が少し離れた場所に有ったりと不便さを感じる事があります。
また、CAや地上勤務の職員の制服もチープな印象を受けます。
ただ、飛行機の目的は目的地に着く事なので料金が安ければ全く関係の無い話です。

一番気になったのは座席の狭さで、前とのスペースが狭く感じます。

ただ、飛行機は航空会社に関係無く座席の間隔とかは同じ規格で作られていると思うので気のせいかもしれません。
なので、半額で済むスカイマークはかなりお得だと思います。
これからも利用します。

実際に搭乗した人:40代 女性
搭乗区間:中部⇔那覇
今まで海外へはJAL、国内はその系列の航空会社しか利用したことがなかったのですが、料金は飛行機だし高いものだという認識でした。
ここ数年は利用することがなかったので、その認識は変わっていませんでした。
でも、スカイマーク航空の存在と運賃を見てびっくりしました。
早速、ネットで予約すると、支払いや座席の指定もすべて簡単にできることにも驚きました。

航路は中部〜那覇、時間にして2時間もかからないフライトです。
空港では、たいてい搭乗口が一番遠いので、少し大変でした。なので、手荷物は最小限にした方が良いと思いました。

いざ搭乗すると、CAの方たちの服装が、カジュアルなことに少し驚きましたがかえってかしこまらずに気軽に利用できる印象で良かったです。
各席にある雑誌も、バラエティーに富んだ内容なので、楽しく拝見できました。

総合的に考えて、国内線のフライトであれば、とてもシンプルで好印象でした。
もし可能であれば、予約が2ケ月前からの開始ではなくもう少し早くからでも出来たらいいなと思いました。

実際に搭乗した人:30代 男性
搭乗区間:羽田⇔福岡
搭乗理由:出張
主に羽田と福岡の往復によく利用している。
JALやANAのほうがパックにすると宿泊込では安いことのほうが多いのだが、直前予約の場合はスカイマークのほうが料金変動が少ないため分かりやすく、安いことが多い。
短期の出張利用が多いため預ける手荷物もなく、必要最低限のサービスであり、搭乗時間も一時間足らずなので、サービス内容自体には不満を感じたことは少ない。

アテンダントがポロシャツというところは賛否両論だろう。
個人的には涼しげでよいと思うが、安かろう悪かろうのイメージを出してしまっていることも事実だと思う。
せっかくポロシャツなので、パントーンカラーで全員違う色であったり、チーフはスーツなど、遊び心のあるバリエーションを出してみてもよいのではないだろうか。

一方、スカイマークの最大の不満は、定時性が悪いということにある。
10分程度の延着はざらで、夜の便になると機材到着遅れで30分程度もよく発生する。
原因として想像だが、他社では混雑機の場合、優先搭乗のあとに後列の座席から順に機内誘導する場合があるのに対し、スカイマークは全席同時誘導が多いと感じる。
また、機内での通路確保やいったん座席内に誘導し後列の人を通すなどのアテンダントの動きが少ないようだ。
この誘導の効率悪さが出発遅延の一因となり、遅延が積み重なっていくのではないか。

コストパフォーマンスにおいて特に大きな不満を感じていないだけに、この定時性の部分を改善していただけると、より安心して選択しやすくなるだろう。

実際に搭乗した人:30代 女性
搭乗区間:羽田⇔沖縄
搭乗理由:旅行
今年の夏休みの旅行で初めてスカイマーク航空で羽田〜沖縄間を利用しました。
ただでさえ安いのに早割をしたので更にお得な価格なり料金的には大満足。
格安航空と言うと設備・サービス面が気になるところですが、座席に関してはシートが少し硬めかなと感じる程度で特に前席との圧迫感なども気になりませんでした。

ただ、事前にドリンクサービスがない事が判っていても、やっぱり機内は乾燥しているので飲み物が欲しくなります。
もちろんペットボトル100円など有料でドリンク購入もできますが、可能であれば搭乗時に飴玉数個などをもらえるだけでもありがたいかなぁと個人的には思いました。

スカイマーク航空で一番注意が必要な遅延や欠航リスクですが、30分程度の遅延はあれど特に目立ったトラブルもなく安心しました。
ただ、遅延がいつ生じるかは予測できないので、現地でのスケジュールには念のために余裕を持った方かいいとは感じました。
全体的には満足できる内容だったので、また機会があれば利用したいと思います。

実際に搭乗した人:20代 男性
搭乗区間:中部⇔沖縄
搭乗理由:実家に帰省
僕はスカイマークを1年に2回程度利用します。
というのも、実家が沖縄県にあり、今は三重県に住んでいるので、セントレア空港から沖縄県に帰省する際に一番安いスカイマークを利用しています。
スカイマークを特に不満に思ったことはありません。

つい最近予約した時の事を書くと、僕は一度コンビにで支払った航空券の控えを、日にちを変更するために払い戻しの手続きをネット上でしました。
その時の処置も迅速に対応してもらえました。

ただ、那覇空港からセントレアへ発つ際に、ターミナルからバスで飛行機まで移動しなければならなかったので、その点煩わしいな、と感じました。
台風で便が欠航になったときも、受付カウンターで払い戻しや臨時便の手続きをしてくれ、運賃代は欠航になった便の代金でよかったので安心しました。
サービス面ではANAやJALには及ばないかもしれませんが、できるだけ安くすませたい方にはオススメの航空会社です。

実際に搭乗した人:20代 男性
那覇空港行きの国内便でスカイマークを利用しました。
ANAなどに比べると、機体全体がこじんまりとした印象があります。
スペースですが、少し狭いと感じました。
自分は小柄なので特に不自由はありませんでしたが、大柄な人の場合、窮屈さを感じると思います。
もうすこし、座席スペースの拡大をした方がよいと感じます。

また、荷物を置くスペースも、大手の飛行機と比べて、少し狭いような気もします。
しかし、座席スペースや荷物スペースを広くすることで、運賃が増えてしまってはスカイマークの安いというメリットが消えてしまうので、其の辺は、高望みなのかもしれません。

スチュワーデスさんの対応は、簡素でてきぱきとしていて好印象を受けました。
トイレですが、トイレも多少他社の機体と比べて手狭な感じを受けました。
初めにも書きましたが、スカイマーク便全体の印象としてこぢんまりとしてる、そんな印象を強く受けました。

格安航空会社が台頭してくる中で、スカイマークは独自な良さがなくなってる感じも受けます。
料金か、サービスの質、どちらかで、もっとアピールが必要な気がします。

実際に搭乗した人:20代 女性
搭乗区間:羽田⇔那覇
搭乗理由:1人旅
沖縄へ1人旅へ行きました。
行きの、羽田空港から那覇空港までと、帰りの、那覇空港から羽田空港まで搭乗しました。
飛行機に搭乗したのは、12年ぶりのことでした。
沖縄へ旅行へ行くことを決めてから、1人旅だし安くチケットを取りたいなと思い、どの航空会社が良いかインターネットで検索していて、スカイマーク航空のことを知りました。

ホームページが分かりやすかったです。
ホームページからチケットの予約をしたのですが、分かりやすくて、スムーズにチケットを予約することができました。
帰りの座席のシートが、思っていたよりも広くてありがたかったです。
帰りはエチケット袋がついていて、私は行きの時に気持ち悪くなってしまい少し不安を感じていたのでありがたかったです。
私は飲み物のサービスは要らないなと思っていたので、そのようなサービスがなかったことも私にとっては良かったです。

実際に搭乗した人:10代 男性
飲み物は有料ですがゲート近くの売店で買って乗れば済むことだし、分厚い機内誌やオーディオやスクリーンなど機内エンターテイメントが必要かと言われればなくても全然平気。
安さでどこまで我慢できるかどうかがポイント。

シートは合成皮革のシートの機体に良く乗りますが、身長180センチ以上でガタイのいい男の私が乗っても別に特段の窮屈さは感じません。
今まで結構な回数乗りましたが、機体トラブル等で欠航・遅れに遭ったことはありません。
それならばJALやANAも同程度欠航や遅れはあるような気がしますし、羽田空港でゲートから飛行機までバスでアプローチするのは、スカイマークだけでなくJALやANAでもあります。

個人的には、スカイマークのデメリットをあまり見出せませんので、よく乗っています。
強いて言えば、飲み物がでないなどの、ちょっとした普通機との差だけであり、これだけで安いのであれば全然良いと思う。
でも、年末年始とかお盆とかGWのようなハイシーズンはスカイマークも高いので、その時は高くて飲み物でるでないだったらたいて人は普通機にのりたいと思う。

実際に搭乗した人:20代 女性
搭乗理由:実家に帰省
九州の実家へ帰省の際、よく利用します。
現在、格安航空は多くありますが中でもトップクラスの格安航空だと思います。

他社の格安航空は身体障害者の単独搭乗を拒否します。
実際に私自身も拒否されました。
とても屈辱を受けましたが、スカイマークさんは快く引き受けてくれ空港内も手を貸して下さいました。
悪い点とあげるならば、コールセンターがいつも混み合っておりオペレーターサンにつなげるまで根気が必要なところと女性では全く問題ないでしょうが男性には座席が狭いように思います。
座席数に関しては、安くより多くが根底にあるためなんとも言えませんがコールセンターに関しては改善の余地ありです。

スカイマークは、コンビニ端末からも予約、支払いができるなど時間に余裕がないときでも安心して利用できます。
今後、格安航空会社も質を求められる時代が来るとは思いますが、スカイマークさんに関しては客室内でも特に大きく求められることはないと思います。
障害や傷病の乗客へもしっかり対応していただける格安航空はスカイマークだけです。

PR




実際に搭乗した人:30代 男性
搭乗理由:旅行
私は沖縄が大好きで、毎年2回は行っているのですが、毎回、大手航空会社で行くとコストが大変なので、ほぼ毎回スカイマークで行っております。
これらでわかるように、スカイマークが好きなのは、航空運賃が安いところです。
気軽に行けるようになったのは、スカイマークのお陰です!

ただ安いだけなら他社LCCでもいいんでしょうが、スカイマークはCAや係員などの接客レベルが通常航空会社と変わらないくらい優秀であるし、子供がいたので前の席へ移動をさせてくれたり、融通をしてくれたり、機内の飲み物がタダであったり、他社LCCより少し高い程度ですばらしいサービスが受けられるので重宝しております。
CAのシャツのような衣装も好感が持てます。

また、持ち込み荷物の重量課金などもないところも、安心して乗れるところかと思います。
気になるところは機内の古さはありますが、安全面でも問題無さそうですし、全く気にしておりません。
掃除も行き届いてますし。

実際に搭乗した人:30代 男性
搭乗区間:羽田⇔福岡
搭乗理由:実家に帰省
私は実家が東京で転勤で福岡にいます。
そのため、東京、福岡間は結構な頻度で利用しています。
その際にANAやJALを利用していましたが、往復で6万円以上掛かりました。
最近、後輩からスカイマークの話を聞いたところ、往復で3万円くらいとANAやJALの半額です。
これは利用しない手はありません。

早速、インターネットで予約すると本当に往復で3万円ほどで済みます。
実際に利用してみると確かにANAやJALとは少し勝手が違います。
搭乗手続きをする場所や登場口が少し離れた場所に有ったりと不便さを感じる事があります。
また、CAや地上勤務の職員の制服もチープな印象を受けます。
ただ、飛行機の目的は目的地に着く事なので料金が安ければ全く関係の無い話です。

一番気になったのは座席の狭さで、前とのスペースが狭く感じます。

ただ、飛行機は航空会社に関係無く座席の間隔とかは同じ規格で作られていると思うので気のせいかもしれません。
なので、半額で済むスカイマークはかなりお得だと思います。
これからも利用します。

実際に搭乗した人:40代 女性
搭乗区間:中部⇔那覇
今まで海外へはJAL、国内はその系列の航空会社しか利用したことがなかったのですが、料金は飛行機だし高いものだという認識でした。
ここ数年は利用することがなかったので、その認識は変わっていませんでした。
でも、スカイマーク航空の存在と運賃を見てびっくりしました。
早速、ネットで予約すると、支払いや座席の指定もすべて簡単にできることにも驚きました。

航路は中部〜那覇、時間にして2時間もかからないフライトです。
空港では、たいてい搭乗口が一番遠いので、少し大変でした。なので、手荷物は最小限にした方が良いと思いました。

いざ搭乗すると、CAの方たちの服装が、カジュアルなことに少し驚きましたがかえってかしこまらずに気軽に利用できる印象で良かったです。
各席にある雑誌も、バラエティーに富んだ内容なので、楽しく拝見できました。

総合的に考えて、国内線のフライトであれば、とてもシンプルで好印象でした。
もし可能であれば、予約が2ケ月前からの開始ではなくもう少し早くからでも出来たらいいなと思いました。

実際に搭乗した人:30代 男性
搭乗区間:羽田⇔福岡
搭乗理由:出張
主に羽田と福岡の往復によく利用している。
JALやANAのほうがパックにすると宿泊込では安いことのほうが多いのだが、直前予約の場合はスカイマークのほうが料金変動が少ないため分かりやすく、安いことが多い。
短期の出張利用が多いため預ける手荷物もなく、必要最低限のサービスであり、搭乗時間も一時間足らずなので、サービス内容自体には不満を感じたことは少ない。

アテンダントがポロシャツというところは賛否両論だろう。
個人的には涼しげでよいと思うが、安かろう悪かろうのイメージを出してしまっていることも事実だと思う。
せっかくポロシャツなので、パントーンカラーで全員違う色であったり、チーフはスーツなど、遊び心のあるバリエーションを出してみてもよいのではないだろうか。

一方、スカイマークの最大の不満は、定時性が悪いということにある。
10分程度の延着はざらで、夜の便になると機材到着遅れで30分程度もよく発生する。
原因として想像だが、他社では混雑機の場合、優先搭乗のあとに後列の座席から順に機内誘導する場合があるのに対し、スカイマークは全席同時誘導が多いと感じる。
また、機内での通路確保やいったん座席内に誘導し後列の人を通すなどのアテンダントの動きが少ないようだ。
この誘導の効率悪さが出発遅延の一因となり、遅延が積み重なっていくのではないか。

コストパフォーマンスにおいて特に大きな不満を感じていないだけに、この定時性の部分を改善していただけると、より安心して選択しやすくなるだろう。

実際に搭乗した人:30代 女性
搭乗区間:羽田⇔沖縄
搭乗理由:旅行
今年の夏休みの旅行で初めてスカイマーク航空で羽田〜沖縄間を利用しました。
ただでさえ安いのに早割をしたので更にお得な価格なり料金的には大満足。
格安航空と言うと設備・サービス面が気になるところですが、座席に関してはシートが少し硬めかなと感じる程度で特に前席との圧迫感なども気になりませんでした。

ただ、事前にドリンクサービスがない事が判っていても、やっぱり機内は乾燥しているので飲み物が欲しくなります。
もちろんペットボトル100円など有料でドリンク購入もできますが、可能であれば搭乗時に飴玉数個などをもらえるだけでもありがたいかなぁと個人的には思いました。

スカイマーク航空で一番注意が必要な遅延や欠航リスクですが、30分程度の遅延はあれど特に目立ったトラブルもなく安心しました。
ただ、遅延がいつ生じるかは予測できないので、現地でのスケジュールには念のために余裕を持った方かいいとは感じました。
全体的には満足できる内容だったので、また機会があれば利用したいと思います。

実際に搭乗した人:20代 男性
搭乗区間:中部⇔沖縄
搭乗理由:実家に帰省
僕はスカイマークを1年に2回程度利用します。
というのも、実家が沖縄県にあり、今は三重県に住んでいるので、セントレア空港から沖縄県に帰省する際に一番安いスカイマークを利用しています。
スカイマークを特に不満に思ったことはありません。

つい最近予約した時の事を書くと、僕は一度コンビにで支払った航空券の控えを、日にちを変更するために払い戻しの手続きをネット上でしました。
その時の処置も迅速に対応してもらえました。

ただ、那覇空港からセントレアへ発つ際に、ターミナルからバスで飛行機まで移動しなければならなかったので、その点煩わしいな、と感じました。
台風で便が欠航になったときも、受付カウンターで払い戻しや臨時便の手続きをしてくれ、運賃代は欠航になった便の代金でよかったので安心しました。
サービス面ではANAやJALには及ばないかもしれませんが、できるだけ安くすませたい方にはオススメの航空会社です。

実際に搭乗した人:20代 男性
那覇空港行きの国内便でスカイマークを利用しました。
ANAなどに比べると、機体全体がこじんまりとした印象があります。
スペースですが、少し狭いと感じました。
自分は小柄なので特に不自由はありませんでしたが、大柄な人の場合、窮屈さを感じると思います。
もうすこし、座席スペースの拡大をした方がよいと感じます。

また、荷物を置くスペースも、大手の飛行機と比べて、少し狭いような気もします。
しかし、座席スペースや荷物スペースを広くすることで、運賃が増えてしまってはスカイマークの安いというメリットが消えてしまうので、其の辺は、高望みなのかもしれません。

スチュワーデスさんの対応は、簡素でてきぱきとしていて好印象を受けました。
トイレですが、トイレも多少他社の機体と比べて手狭な感じを受けました。
初めにも書きましたが、スカイマーク便全体の印象としてこぢんまりとしてる、そんな印象を強く受けました。

格安航空会社が台頭してくる中で、スカイマークは独自な良さがなくなってる感じも受けます。
料金か、サービスの質、どちらかで、もっとアピールが必要な気がします。



ツイッターでも格安旅行の情報を配信しています。
アカウントはこちらです。

スカイマーク往復航空券とホテル宿泊をセットにしたお得なツアー商品ならこちらがオススメ!



参考:【5月・6月限定】茨城、名古屋から那覇までたったの2,500円で行く方法(スカイマーク)
参考:スカイマーク航空が6・7月搭乗分の前割運賃発表をしたが、本当に安いのか検証してみた。

実際に搭乗した人:20代 女性
搭乗区間:羽田⇔那覇
搭乗理由:1人旅
沖縄へ1人旅へ行きました。
行きの、羽田空港から那覇空港までと、帰りの、那覇空港から羽田空港まで搭乗しました。
飛行機に搭乗したのは、12年ぶりのことでした。
沖縄へ旅行へ行くことを決めてから、1人旅だし安くチケットを取りたいなと思い、どの航空会社が良いかインターネットで検索していて、スカイマーク航空のことを知りました。

ホームページが分かりやすかったです。
ホームページからチケットの予約をしたのですが、分かりやすくて、スムーズにチケットを予約することができました。
帰りの座席のシートが、思っていたよりも広くてありがたかったです。
帰りはエチケット袋がついていて、私は行きの時に気持ち悪くなってしまい少し不安を感じていたのでありがたかったです。
私は飲み物のサービスは要らないなと思っていたので、そのようなサービスがなかったことも私にとっては良かったです。

実際に搭乗した人:10代 男性
飲み物は有料ですがゲート近くの売店で買って乗れば済むことだし、分厚い機内誌やオーディオやスクリーンなど機内エンターテイメントが必要かと言われればなくても全然平気。
安さでどこまで我慢できるかどうかがポイント。

シートは合成皮革のシートの機体に良く乗りますが、身長180センチ以上でガタイのいい男の私が乗っても別に特段の窮屈さは感じません。
今まで結構な回数乗りましたが、機体トラブル等で欠航・遅れに遭ったことはありません。
それならばJALやANAも同程度欠航や遅れはあるような気がしますし、羽田空港でゲートから飛行機までバスでアプローチするのは、スカイマークだけでなくJALやANAでもあります。

個人的には、スカイマークのデメリットをあまり見出せませんので、よく乗っています。
強いて言えば、飲み物がでないなどの、ちょっとした普通機との差だけであり、これだけで安いのであれば全然良いと思う。
でも、年末年始とかお盆とかGWのようなハイシーズンはスカイマークも高いので、その時は高くて飲み物でるでないだったらたいて人は普通機にのりたいと思う。

実際に搭乗した人:20代 女性
搭乗理由:実家に帰省
九州の実家へ帰省の際、よく利用します。
現在、格安航空は多くありますが中でもトップクラスの格安航空だと思います。

他社の格安航空は身体障害者の単独搭乗を拒否します。
実際に私自身も拒否されました。
とても屈辱を受けましたが、スカイマークさんは快く引き受けてくれ空港内も手を貸して下さいました。
悪い点とあげるならば、コールセンターがいつも混み合っておりオペレーターサンにつなげるまで根気が必要なところと女性では全く問題ないでしょうが男性には座席が狭いように思います。
座席数に関しては、安くより多くが根底にあるためなんとも言えませんがコールセンターに関しては改善の余地ありです。

スカイマークは、コンビニ端末からも予約、支払いができるなど時間に余裕がないときでも安心して利用できます。
今後、格安航空会社も質を求められる時代が来るとは思いますが、スカイマークさんに関しては客室内でも特に大きく求められることはないと思います。
障害や傷病の乗客へもしっかり対応していただける格安航空はスカイマークだけです。

PR




実際に搭乗した人:30代 男性
搭乗理由:旅行
私は沖縄が大好きで、毎年2回は行っているのですが、毎回、大手航空会社で行くとコストが大変なので、ほぼ毎回スカイマークで行っております。
これらでわかるように、スカイマークが好きなのは、航空運賃が安いところです。
気軽に行けるようになったのは、スカイマークのお陰です!

ただ安いだけなら他社LCCでもいいんでしょうが、スカイマークはCAや係員などの接客レベルが通常航空会社と変わらないくらい優秀であるし、子供がいたので前の席へ移動をさせてくれたり、融通をしてくれたり、機内の飲み物がタダであったり、他社LCCより少し高い程度ですばらしいサービスが受けられるので重宝しております。
CAのシャツのような衣装も好感が持てます。

また、持ち込み荷物の重量課金などもないところも、安心して乗れるところかと思います。
気になるところは機内の古さはありますが、安全面でも問題無さそうですし、全く気にしておりません。
掃除も行き届いてますし。

実際に搭乗した人:30代 男性
搭乗区間:羽田⇔福岡
搭乗理由:実家に帰省
私は実家が東京で転勤で福岡にいます。
そのため、東京、福岡間は結構な頻度で利用しています。
その際にANAやJALを利用していましたが、往復で6万円以上掛かりました。
最近、後輩からスカイマークの話を聞いたところ、往復で3万円くらいとANAやJALの半額です。
これは利用しない手はありません。

早速、インターネットで予約すると本当に往復で3万円ほどで済みます。
実際に利用してみると確かにANAやJALとは少し勝手が違います。
搭乗手続きをする場所や登場口が少し離れた場所に有ったりと不便さを感じる事があります。
また、CAや地上勤務の職員の制服もチープな印象を受けます。
ただ、飛行機の目的は目的地に着く事なので料金が安ければ全く関係の無い話です。

一番気になったのは座席の狭さで、前とのスペースが狭く感じます。

ただ、飛行機は航空会社に関係無く座席の間隔とかは同じ規格で作られていると思うので気のせいかもしれません。
なので、半額で済むスカイマークはかなりお得だと思います。
これからも利用します。

実際に搭乗した人:40代 女性
搭乗区間:中部⇔那覇
今まで海外へはJAL、国内はその系列の航空会社しか利用したことがなかったのですが、料金は飛行機だし高いものだという認識でした。
ここ数年は利用することがなかったので、その認識は変わっていませんでした。
でも、スカイマーク航空の存在と運賃を見てびっくりしました。
早速、ネットで予約すると、支払いや座席の指定もすべて簡単にできることにも驚きました。

航路は中部〜那覇、時間にして2時間もかからないフライトです。
空港では、たいてい搭乗口が一番遠いので、少し大変でした。なので、手荷物は最小限にした方が良いと思いました。

いざ搭乗すると、CAの方たちの服装が、カジュアルなことに少し驚きましたがかえってかしこまらずに気軽に利用できる印象で良かったです。
各席にある雑誌も、バラエティーに富んだ内容なので、楽しく拝見できました。

総合的に考えて、国内線のフライトであれば、とてもシンプルで好印象でした。
もし可能であれば、予約が2ケ月前からの開始ではなくもう少し早くからでも出来たらいいなと思いました。

実際に搭乗した人:30代 男性
搭乗区間:羽田⇔福岡
搭乗理由:出張
主に羽田と福岡の往復によく利用している。
JALやANAのほうがパックにすると宿泊込では安いことのほうが多いのだが、直前予約の場合はスカイマークのほうが料金変動が少ないため分かりやすく、安いことが多い。
短期の出張利用が多いため預ける手荷物もなく、必要最低限のサービスであり、搭乗時間も一時間足らずなので、サービス内容自体には不満を感じたことは少ない。

アテンダントがポロシャツというところは賛否両論だろう。
個人的には涼しげでよいと思うが、安かろう悪かろうのイメージを出してしまっていることも事実だと思う。
せっかくポロシャツなので、パントーンカラーで全員違う色であったり、チーフはスーツなど、遊び心のあるバリエーションを出してみてもよいのではないだろうか。

一方、スカイマークの最大の不満は、定時性が悪いということにある。
10分程度の延着はざらで、夜の便になると機材到着遅れで30分程度もよく発生する。
原因として想像だが、他社では混雑機の場合、優先搭乗のあとに後列の座席から順に機内誘導する場合があるのに対し、スカイマークは全席同時誘導が多いと感じる。
また、機内での通路確保やいったん座席内に誘導し後列の人を通すなどのアテンダントの動きが少ないようだ。
この誘導の効率悪さが出発遅延の一因となり、遅延が積み重なっていくのではないか。

コストパフォーマンスにおいて特に大きな不満を感じていないだけに、この定時性の部分を改善していただけると、より安心して選択しやすくなるだろう。

実際に搭乗した人:30代 女性
搭乗区間:羽田⇔沖縄
搭乗理由:旅行
今年の夏休みの旅行で初めてスカイマーク航空で羽田〜沖縄間を利用しました。
ただでさえ安いのに早割をしたので更にお得な価格なり料金的には大満足。
格安航空と言うと設備・サービス面が気になるところですが、座席に関してはシートが少し硬めかなと感じる程度で特に前席との圧迫感なども気になりませんでした。

ただ、事前にドリンクサービスがない事が判っていても、やっぱり機内は乾燥しているので飲み物が欲しくなります。
もちろんペットボトル100円など有料でドリンク購入もできますが、可能であれば搭乗時に飴玉数個などをもらえるだけでもありがたいかなぁと個人的には思いました。

スカイマーク航空で一番注意が必要な遅延や欠航リスクですが、30分程度の遅延はあれど特に目立ったトラブルもなく安心しました。
ただ、遅延がいつ生じるかは予測できないので、現地でのスケジュールには念のために余裕を持った方かいいとは感じました。
全体的には満足できる内容だったので、また機会があれば利用したいと思います。

実際に搭乗した人:20代 男性
搭乗区間:中部⇔沖縄
搭乗理由:実家に帰省
僕はスカイマークを1年に2回程度利用します。
というのも、実家が沖縄県にあり、今は三重県に住んでいるので、セントレア空港から沖縄県に帰省する際に一番安いスカイマークを利用しています。
スカイマークを特に不満に思ったことはありません。

つい最近予約した時の事を書くと、僕は一度コンビにで支払った航空券の控えを、日にちを変更するために払い戻しの手続きをネット上でしました。
その時の処置も迅速に対応してもらえました。

ただ、那覇空港からセントレアへ発つ際に、ターミナルからバスで飛行機まで移動しなければならなかったので、その点煩わしいな、と感じました。
台風で便が欠航になったときも、受付カウンターで払い戻しや臨時便の手続きをしてくれ、運賃代は欠航になった便の代金でよかったので安心しました。
サービス面ではANAやJALには及ばないかもしれませんが、できるだけ安くすませたい方にはオススメの航空会社です。

実際に搭乗した人:20代 男性
那覇空港行きの国内便でスカイマークを利用しました。
ANAなどに比べると、機体全体がこじんまりとした印象があります。
スペースですが、少し狭いと感じました。
自分は小柄なので特に不自由はありませんでしたが、大柄な人の場合、窮屈さを感じると思います。
もうすこし、座席スペースの拡大をした方がよいと感じます。

また、荷物を置くスペースも、大手の飛行機と比べて、少し狭いような気もします。
しかし、座席スペースや荷物スペースを広くすることで、運賃が増えてしまってはスカイマークの安いというメリットが消えてしまうので、其の辺は、高望みなのかもしれません。

スチュワーデスさんの対応は、簡素でてきぱきとしていて好印象を受けました。
トイレですが、トイレも多少他社の機体と比べて手狭な感じを受けました。
初めにも書きましたが、スカイマーク便全体の印象としてこぢんまりとしてる、そんな印象を強く受けました。

格安航空会社が台頭してくる中で、スカイマークは独自な良さがなくなってる感じも受けます。
料金か、サービスの質、どちらかで、もっとアピールが必要な気がします。

スカイマーク航空の予約はこちら



スカイマーク往復航空券とホテル宿泊をセットにしたお得なツアー商品ならこちらがオススメ!



参考:【5月・6月限定】茨城、名古屋から那覇までたったの2,500円で行く方法(スカイマーク)
参考:スカイマーク航空の就航地別最安値を調べて一覧にしました

スポンサーリンク