東京の西部方面(二子玉川・調布など)での移動は電車ではなく路線バスがおすすめ

スポンサーリンク

バスを南北に乗り継いで電車より早く移動することができる

 東京の西部を南北方向に移動するのは以外と面倒ですよね。
そんなときには路線バスを活用しましょう。

 バスの路線は多数あるため、拠点となる駅を知っておくと便利です。
南側から順にあげると、東急田園都市線の二子玉川駅、小田急線の成城学園前駅・狛江駅、京王線の調布駅は南北方向を結ぶバスの発着点になります。

二子玉川や調布あたりは電車よりも路線バスの方が移動が楽な時も

 二子玉川から成城学園前まで田園都市線・南武線・小田急線を乗り継ぐと約30分で450円かかるが、バスなら乗り換えなしの約20分で220円で済みます。
時間もかからず、230円も安く移動できるなら断然、路線バスの方がお得ですよね。

 京王線の調布駅は、三鷹駅や吉祥寺駅、武蔵境駅など中央線各駅とを結ぶバスが発着になります。
中央線の中野─三鷹間各駅と西武新宿駅・西武池袋線各駅の間は関東バス、西武バスが多数の路線を運行しているのでこちらも活用しましょう。

スポンサーリンク