旅行者必見!東京都内の観光や移動をたったの500円で快適にできる『都バス一日乗車券』

スポンサーリンク

東京23区内にある都バスが一日乗り放題になるフリーパス

旅行者必見!東京都内の観光や移動をたったの500円で快適にできる『都バス一日乗車券』

東京都区内のバスは、一般的にICカード利用で、大人216円。
地下鉄などとくらべるとやや高く、1日に何度も乗ると交通費がかさみます。
そんなときにオススメなのが、バス各社が発売している1日乗車券です。

都内がメインのバス会社なら都営バス、東急バス、京王バス、小田急バス、関東バス、京成バス、京浜急行バス、東武バスが発売しており、都区内で使えるパスは500~510円。216円区間の場合、3回乗れば元を取れる計算になります。

 都営、東急、小田急、関東はICカードを1日乗車券として使えるので車内で運転手に申し出れば、1日乗車券のデータが記録され、次からはタッチするだけで乗ることができます。
ただし、同時に複数のバス会社の1日乗車券を1枚のカードに書き込むことはできません。

有効期間

1日(前売りは発売日から6か月以内の1日に限り有効、当日売りは発売当日に限り有効です。)

前売り

都バスの営業所・支所、都バス定期券発売所及びJTB支店で発売しています。JTB支店でご購入の場合は、ご利用日を指定した乗車券となり、JTBの定める発行手数料が必要です。

当日売り

23区内の都バスの車内で発売しています。(前売りの発売場所でも当日売りを取り扱っています。都バス車内では午前4時から発売します。)
⇒都バス一日乗車券について詳しい情報はこちら

スポンサーリンク