スカイマーク(skymark)航空とは?

スポンサーリンク

スカイマーク航空について

格安航空会社『スカイマーク』の予約までの使い方・評判・口コミ・メリット・デメリット・初心者向け利用ガイド

概要

スカイマーク航空とは、日本国内の航路を結ぶ航空会社です。 最近はLCC会社がたくさん出てきている状況ですが、スカイマークが始まった当時はANA・JALと比べて安い料金体制が売りの航空会社でした。
今でも料金はANA・JALと比較すると安いのですが、LCCと比較すると高い印象があり中間的な存在となっています。

機材は中型の旅客機であるボーイング社製の737−800型がメーンになっています。
全体に近距離が多いので、LCCと比べて遅延は少ないです。

巡航する空港に関しては、羽田空港を発着する便もあり、LCCより利便性が高いケースもあります。
発着する空港も始まった当初は福岡空港と羽田空港の間だけでしたが、今では大都市の空港を結ぶ航路も追加されています。

運賃

スカイマークの最大の特徴は、大手航空各社に比べて約安な運賃形態にあります。 例えば羽田ー札幌便の片道は1万〜2万円弱で、日本航空や全日空に比べて、条件によっても異なりますが、平均して1万5000円前後は格安です。

運賃では、低コスト化を実現し、「スカイバーゲン」と称し、搭乗60日前から21日前までに、予約を行うととてもお得な割引サービスがあります。
また、WEB割予約があり、搭乗21日前までに予約すると、お得な空の旅を楽しむことができます。
また、いわゆるCAという感じの制服はコストカットの面から廃止されていて、他の航空会社と違いラフなスタイルです。

サービス

機内サービスですが、ANA・JALと比較すると簡素なものになります。
座席クラスは一律で全席エコノミーシートです。 通常であればサービスで出してもらえるおつまみやドリンクは全て有料です。

しかし、持ち込みはOKなのでセキュリティチェックの後に好みをものを購入して機内で利用できます。
但し、例外としてフライト時間の長い東京−那覇線だけは、無料のドリンクサービスが提供されています。

荷物制限の重量も他社と比較すると厳しいです。
サービスが悪いというよりは、サービスをしないという姿勢であることが特徴的です。
機内でのクレームも受付けていません。

予約方法

チケットの予約・購入は、WEBから行います。
支払いをコンビニかクレジットカードで行うと座席指定ができるようになっており、クレジットカードで支払った場合、チェックインに支払いに使用したクレジットカードが必要ですので注意が必要です。



スカイマーク往復航空券とホテル宿泊をセットにしたお得なツアー商品ならこちらがオススメ!

スポンサーリンク